スープカレーを通して北海道、そして全国を笑顔に 北海道の3大食文化 特集第3弾!「Curry&Cafe SAMA」を運営する有限会社ハイブリッジ様より : サッポロプラス 特集!

サッポロプラスへようこそ
▲ケータイTOPに戻る
[ PC版TOP ]

スープカレーを通して北海道、そして全国を笑顔に 北海道の3大食文化 特集第3弾!「Curry&Cafe SAMA」を運営する有限会社ハイブリッジ様より

2011/08/24

<画像>

特集第3弾として、今回は北海道の3大食文化の1つでもあるスープカレーのSAMA(有限会社ハイブリッジ)の代表取締役 高橋秀一氏にお話を伺いました。

Q.北海道の3大食文化でもあるスープカレーですが、スープカレー店を始めたキッカケとは何ですか?

A.元々サラリーマン時代、旅行会社の添乗員をやっていてスープカレー店をやろうとは思ってもいませんでした。ただ、旅行を通じて「食」の重要性を非常に感じていました。
また、2年ほどノンプロの野球選手の時代もあります。ちなみに当時、ポジションはピッチャーでストレートはMAX135km、スライダー、シュートとコーナーに投げ分ける技巧派タイプでした。(笑)
 ただ、スープカレーが大好きで年間に100回くらいスープカレーを食べ歩き、食べ歩くうちにだんだんと自分の求めている味のイメージが出来上がっていきました。それから、さらに自分の求めている味を追求するため「これだ!」と辿りついた味が、当店の人気メニューでもあるトマトベースとオニオンのコクが特徴のスープでした。
味が完成しオープンしたのが、今の本店です。当店ではデリバリを行っており、開店当時は自転車で行っていました(笑)


Q.SAMAという店名は、どのような経緯やお考えでつけたのでしょうか?

A.SAMAとは・・・
インドネシア語で、〜と一緒にという意味。
ぜひ、大切な方と一緒に、トマトベースでたまねぎたっぷりのSAMAのスープカレーを楽しんでほしい・・・という願いを込めて、SAMAにしました。

Q.スープカレー店「SAMA」において、一番重要だと考えてることは何ですか?

A.毎回、本部の日というのを設けています。これは何かというとスタッフ全員と社長と、海行ったりと一緒に遊び、語り合うということをやっています。
うちのスタッフは、平均年齢が25歳と非常に若い。彼らと一緒になって楽しむ。スタッフがSAMAで働き楽しむことで、来店されるお客様もSAMAを楽しんで頂けると考えるからです。

また、接客においてはディズニーランドを目標としています。ディズニーランドに来られるお客様というのは、6〜7割がリピートのお客様です。それだけディズニーには、また行ってみたいと思う楽しさや魅力が詰まっています。SAMAにおいても、新規のお客様はもちろんですが、1度来て頂いたお客様には、またSAMAに行ってみたいと思う楽しさや魅力を絶えずご提供していくことだと思います。


Q.SAMAでのどんなオススメメニューがありますか?

A.1つは、もちろんイチオシのトマト、そしてココナッツ、あさりと3つあります。
 トマトは、トマトベースとオニオンのコクが特徴のスープ。ココナッツは、ココナッツの甘さと風味が特徴のまろやかスープ。あさりは、かつおと昆布の和風だしの利いた透明感のあるスープ(バジル入)
あとは、お好きなトッピングを選んで頂き、辛さは1〜お選び頂けます。
3ぐらいが一番一般的な辛さになっています。

たまに、デリバリで30でお願いしますというお客様も中にいらっしゃいますが(笑)
<SAMA> <SAMA> <SAMA>
※写真は、左からトマト ココナッツ あさり
Q.今後、スープカレー店「SAMA」をどのように拡大していきたいですか?

A.将来、全都道府県にSAMAを出店し50店舗にしてスープカレーを食文化にするのが目標!!!です。店舗拡大は単に売上拡大ということではなく、若者たちのあふれるパワーと可能性と活躍の場を増やして行きたいというのが一番の目的でもあるのです。

北大前店店長は、もともと学生の頃当店のアルバイトでした。そこから、当店で働きたいということで、今では店長になっています。そういった意味で、今ではSAMAに働く若者たちの鏡となる存在でもあります。

また、そういう若者が活躍できる場をドンドンと今後も増やし、みんなで仲間作りができればと思っています。

Q.最後にお客様にメッセージをお願いします。

A.ぜひ、1度はSAMAのスープカレーを食べてみてください!!!

今回、取材させて頂いて一番感じたのは、これだけ、デジタル環境が発達し人間関係が希薄になりやすい中で、常にさりげないスタッフや来店されるお客様に対しての配慮を欠かさないという高橋社長の根底にある「人を大事にするという」熱い思いを強く感じました。
また、そういった高橋社長の思いのもとで、SAMAで働くスタッフの方々は、とても誇りを持って日々、お客様をお迎えできるのだと思いました。

SAMA本店     
札幌市中央区宮の森1条11丁目2-11
アンクレール宮の森1F
TEL&FAX 011-644-7422
営業時間
ランチ AM11:30〜15:30(LO15:00)
ディナー PM17:00〜PM22:30(LO22:00)
土日祝日はAM11:30〜22:30の通し営業となります。

2011年8月18日 SAMA本店にて
(文:ノースメディア 安居潔人)


[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
サッポロプラスへようこそ
▲ケータイTOPに戻る
Copyright © NORTH MEDIA
powered by WebBoard